お母さん

群馬県公立高校の入試の仕組みが分かりません…

代表:清水

群馬県公立高校の入試は、「前期選抜」「後期選抜」の2つに分かれています。

お母さん

前期選抜」と「後期選抜」の違いは何ですか?

代表:清水

入試科目が、3科目(英数国)なのが前期選抜、5科目(英数国理社)なのが後期選抜です。

お母さん

内申点は何年生から評価されますか?

代表:清水

秋田県では、1年生~3年生まで全ての内申点が評価されます。

【2021年】
群馬県公立高校入試日程

前期選抜

  1. 願書受付

    2月1日(月)・2月2日(火)

  2. 検査日

    2月9日(火)・2月10日(水)

  3. 合格発表日

    2月18日(木)

代表:清水

前期選抜は、全ての高校・学科・学系・コースで実施されます。
募集枠は募集定員の10%~50%程度です。

代表:清水

例年、約8割の高校が前期選抜と後期選抜の募集人員はそれぞれ50%で、残りの約2割の高校のほとんどは後期選抜の募集人員を多くしています。

後期選抜

  1. 願書受付

    2月25日(木)~2月26日(金)

  2. 出願変更日

    3月3日(水)

  3. 検査日

    3月9日(火)・3月10日(水)

  4. 合格発表日

    3月17日(水)

群馬県
公立高校の入試内容

お母さん

群馬県の入試内容はどのようになっているのですか?

代表:清水

学力検査は、
前期選抜では、3科目150点
後期選抜では、5科目500点満点です。
この学力検査に加え、調査書・面接で合否が判定されます。

代表:清水

但し、学力検査と内申点の比率は、高校や学科によって異なります。

学力検査

前期選抜

国語40分50点
数学40分50点
英語40分
※リスニングを含む
50点
面接昼食後に実施
代表:清水

前期選抜では、
国語/数学/英語の3科目のみで、それぞれ40分です。

後期選抜

代表:清水

後期選抜では、1日目が国語・数学・社会、2日目が理科・英語の試験です。

代表:清水

試験時間は各教科45~60分間の範囲で各高校が決めます。

代表:清水

各教科100点満点が基本ですが、特定教科の配点を1.5倍するなど、「傾斜配点」を実施している高校・学科・コースもあります。

調査書(内申点)

【中学1年の内申点】

  • 9教科5段階の評定=45点

【中学2年の内申点】

  • 9教科5段階の評定=45点

【中学3年の内申点】

  • 9教科5段階の評定=45点

合計:45点+45点+45点=135点

代表:清水

群馬県では、中学1年生から3年生まで3年間の内申点が評価されます。

面接 / 作文 / 実技

代表:清水

群馬県では、全ての高校・学科において面接が実施されます。また、一部の高校・学科では、作文や実技が実施されます。

群馬県
公立高校の選抜方法

代表:清水

群馬県の選抜方法は、前期選抜・後期選抜で異なっています。

前期選抜

代表:清水

前期選抜では、3科目の学力検査・面接・調査書で合否が決まりますが、各項目の配点は高校によって定められています。

  1. 前期選抜の募集人員は、募集定員の10~50%を標準として各高校が決めます。
  2. 前期選抜では、国・数・英の3教科の学力検査(共通問題)を実施します。
  3. 一部の高校では共通問題に代えて、各高校が作成する総合問題(教科横断問題)を行います。
  4. 選考は、学力検査(または総合問題)、内申書、面接などの結果をもとに総合的に判定します。
  5. 「内申書:学力検査(または総合問題):面接など」の比重は、多くの高校が「6:3:1」や「5:4:1」など内申書を重視し、募集人員を複数の選抜や段階に分けて選考します。
  6. 前期選抜で合格とならなかった場合は、同じ高校を含め後期選抜で再度出願できます。

後期選抜

代表:清水

一般選抜では、5科目の学力検査・調査書・面接で合否が判定されます。

  1. 後期選抜の募集人員は、募集定員から前期選抜などの合格者数を除いた数となります。
  2. 多くの高校は定員の50%ですが、一部の高校をのぞき募集定員の60~75%を募集します。
  3. 後期選
  4. 抜では入学願書受付後に発表される志願状況を参考に、志願先の変更が1回できます。
  5. 後期選抜は5教科の学力検査を実施し、検査時間は各教科45~60分間の範囲で各高校が決めます(多くの高校が各50分に設定)。
  6. 選考は、おもに内申書と学力検査(500点満点)と、高校・学科・コースによっては面接などの結果を総合して判定します。
  7. 特定教科の配点を1.5倍するなど傾斜配点を実施する高校・学科・コースもあります。
  8. 「内申書:学力検査:面接など」の比率は各高校が決定します。「2:8:0(面接等実施なし)」、「2:7:1」、「3:6:1」など多くの高校が学力検査を重視して選抜を行い、普通科では約半数の高校が学力検査の比重を10分の8以上としています。

「学力検査・面接・調査書」の配点とは?

群馬県公立高校入試実施要項をチェック

代表:清水

詳しい入試情報は、秋田県のHPをチェックしてみてください!

群馬県HPはこちら