段階を踏んで一歩ずつ教室復帰へ

お子さまが抱える悩みをともに解決します。

不登校になる理由は、お子さまによって様々です。友人関係のトラブルや学校の授業についていけないなど。お子さまがどんなことに悩みを抱えているのかを見極め、適切にサポートしていきます。

avatar
清水先生専属講師

不登校について

  • 2018年文部科学省が行った調査によると、「不登校」状態にある中学生は全国に約「10万人」います。じつにクラスに1人が不登校となっているのです。さらに、「不登校」とは、年間で30日以上欠席している生徒のことを言いますが、そのほか「学校の校門や保健室、校長室などには行くが、教室には行かない」「遅刻や早退の数が多く、学校には行けても授業に参加する時間が少ない」「基本的に教室で過ごすが、授業に興味が持てず、他のことをしがち」「学校に行き、授業にも参加しているが、心の中では学校が辛い・嫌だと感じている」子供たち、いわゆる「不登校傾向」にある子供たちを含めると全国で約「30万人」にのぼります。こうした社会では、不登校であることは特別なことではなく、ご家族だけで悩みを抱えこまず、社会全体で解決に向けて歩みを進めることが大切なのです。

不登校の方へのサポート

(1)精神面をサポートする専門スタッフ

家庭教師GIPSでは、不登校のお子さまをサポートするための専門の講師が在籍しております。お子さまの悩みに共感し、どんなことに悩み、不安を抱えているのかを理解し、親御様ふくめ、ご家族全体のサポートを行っていきます。

(2)学習面をサポートする優秀な講師陣

東大や名大など難関大出身の講師が、お子さまだけのカリキュラムを作成し、勉強のやり方からやさしく指導します。詳しく見る

(3)授業&オンラインの学習サポート

家庭教師GIPSでは、週1回~の授業に加え、オンラインでの学習サポートを行っております。授業では勉強のやり方や苦手科目を指導しますが、学習習慣を身につけるためには、一人で行う自学自習が大切です。そこで、GIPSでは、効率的に自学自習をすすめるためにオンライン上で先生にいつでも質問ができるようサポートしています。

二人三脚で「少しずつ前へ」

お子さまが不登校になる原因は、大きく3つあります。「友人関係のトラブル」「学校の授業についていけない」「学校でのいじめ」お子さまがどんなことに悩み、不安を抱えているのかを理解し、少しでも教室に復帰できるようサポートします。多感な中学生にとって、周囲の声に必要以上に不安を抱えてしまうかもしれませんが、焦ることなく、お子さまと先生の二人三脚で一歩ずつ乗り越えてきましょう。

avatar
清水先生専属講師