ご褒美をあげるべき?

人間は、目先の利益を満足させる…

人間には、目先の利益を優先してしまう性質があります。これは科学的にも言われていることです。

たとえば「勉強しておけば、将来やくに立つ」と分かっていても、手元にあるスマホばかりいじってしまう、「毎日、10キロ走ればヤセられる」と知りつつも、「休みたいから明日からでいいや…」など。

このような「目先の利益や満足をつい優先してしまう」という性質があるために、目の前のゆうわくに勝てないのです。

※ 補足:なぜ「目先の利益」を求めてしまうの?

人間は、「今」と「将来」を比べると、今目の前にある利益や満足を優先しがちな「選好」を持っており、経済学の用語では「時間割引率が高い」言います。

「ご褒美」を目先の利益にすればOK

「目先の利益や満足を優先させる」ということは、裏を返せば、「目の前にご褒美があれば、今、勉強することの利益や満足がたかまり、それを優先する」ということです。

ですから、子どもにスグにご褒美をあたえれば、今、勉強するように仕向けることができるのです。

正しいご褒美のあげ方とは?

「インプット」にご褒美をあげる◎

インプットにご褒美をあげると、「本を読んだり」「宿題をする」ようにはなるものの、必ずしも成績が上がるとは言えません。

しかし、ハーバード大学で行われた実験では、「インプットにご褒美を与えると、成績があがる」という結果が出たのです。

※ 補足:インプットとは?

知識などをつめこむこと。例えば「本を読む」「宿題をする」など。⇔ アウトプットとは、成果物や結果のこと。例えば「学力テストや通知表の成績をあげる」など。

■ ハーバード大学『ご褒美実験』

(A) インプットに対してご褒美

 例:本を1冊読んで、内容を問う短いテストに正答できれば200円。

(B) アウトプットに対してご褒美

 例:前回よりも点数が上がれば、テストごとに2,500円。

▶この2つの条件で、学力テストを実施。

【結果】インプットにご褒美を与えられた子どもたちの学力が上昇し、アウトプットにご褒美を与えられた子どもたちの学力は、まったく改善しなかった。

「やることが明確」がポイント

インプットは、「本を読む」「宿題をする」など、子どもにとってするべきことが明確です。

一方、アウトプットは、テストの点数が上がったら、というだけで「具体的なやり方」が示されていません。

ゆえに、インプットにご褒美を与えられ子どもの方が、成績が上がったのです。

※ 補足:「テストの点数が上がったらご褒美」ではダメなの?

必ずしもダメなわけではありません。注意すべきは、「どうすれば成績を上げられるのか」という具体的は方法を教え、子どもを導いてあげる必要があることです。大切なのは、すべきことを明確にしてあげることです。

おすすめのご褒美7選

1位:おこづかい

宿題を終わらせたら10円など。年齢によって金額を変えるのも良いです。

※ 補足:ご褒美に「おこづかい」はいいの?

上述の実験のアンケート結果によると、ご褒美にお金を得た子どもたちは、お金を無駄遣いすることなく、きちんと貯蓄し、娯楽や衣服への節約をするなど、堅実なお金の使い方をしていたことが分かっています。(ただし、この実験では、お金のご褒美と一緒に、貯蓄用の銀行口座を作ったり、家計簿をつけるなどの金融教育が同時に行われていました。)

2位:ゲームやテレビ、YouTubeの時間

宿題をしたら「1時間」など。目標の勉強を終わらせたら、あとは自由にゲームをしても良い、もいいかもしれません。

3位:子どもの趣味のモノ

夏休みの宿題をすべて終わらせたら「マンガ」を買ってあげるなど。

4位:自由に使える時間

宿題をやったら「何してもいいよ」など。小さい子どもにはうれしいかもしれません。

5位:部活でつかえる用具

問題集をやったら「新しいスパイク」を買ってあげるなど。

6位:外食に連れていく

春休みの宿題を終わらせたら「好きなお店」につれていってあげるなど。

7位:お菓子

本を1冊読んだら「500円分のお菓子」を買ってあげるなど。手づくりも良いかもしません。

ほめことばも「ご褒美」

能力ではなく「努力」をほめる◎

コロンビアの実験によると、能力ではなく「努力」をほめられた方が、その後の学力を伸ばしていくことが分かっています。

「あなたは頭がいいわね(=能力)」とほめられると、良い成績を取れたときは「自分には才能があるから」だと思い、悪い成績をとったときは、「自分には才能がないから」だと考える傾向かあります。

一方、「よく頑張ったわね(=努力)」とほめられると、たとえ悪い成績でも「(能力は関係なく)努力が足りないんだ」と考える傾向があります。

■ コロンビア大学『ほめ方の実験』

(A) 能力をほめられた子ども

 例:良い成績に対して「あなたは頭がいいのね」とほめる。

(B) 努力をほめられた子ども

 例:良い成績に対して「がんばったわね」とほめる。

(C) どちらもほめられなかった子ども

▶この3グループの子どもたちに、かなり難しめのIQテストを、3回受けさせた。(回ごとに条件のようにほめる)

【結果】努力をほめられた子どもは成績を伸ばしたのに対し、努力をほめられた子どもは成績を落としてしまった。

(参考)

中室牧子(2015),『「学力」の経済学』,ディスカヴァー・トゥエンティーワン