受験勉強が人生の良い経験となるように

自分自身をよく知ることが大切

  • 高校受験を通して今後の人生に役立つ様々なことを学んでほしい。目標の立て方、目標に向けた日々の努力の仕方、着実に前に進む力、苦手分野の克服方法、モチベーションの維持の仕方など。勉強そのものよりも、自分自身を知ることの方が、今後の人生に必ず役立ちます。受験を通して身につけた力は、大学受験はもちろん、社会人になったからも必ず役立ちます。今はしんどいかもしれませんが、志望校合格に向けて一緒にがんばろう!

高校受験のポイント

(1)志望校を早めに決める

自分が本当に行きたいと思う高校をできるだけ早く決めておくことが大切です。説明会に行ったり、高校のパンフレットを見ることで、受験勉強へのモチベーションアップにもつながります。志望校がないと、何となくの勉強になりがちです。志望校を決め、志望校に向けた勉強を早めから始めることがカギとなります。

(2)過去問を解いて自分の実力を知る

受験生の多くは、まずは問題集や参考書を終わらせてから過去問を解いて自分の実力を図ろうとします。しかし、限られた期間で志望校へ合格するためには、一直線に勉強を進める必要があります。そのためには、一番はじめに過去問を解いてゴールと現在地の距離を把握しておく必要があります。そして、日々の勉強で自分がどれだけゴールに近づいたのかを常に意識することで、一直線に志望校合格へと進めます。

(3)計画的に勉強をすすめる

年間計画→月間計画→週間計画→毎日の計画 のように、目標から逆算して計画をたて、日々の勉強していくことが大切です。やみくもに勉強しても、入試を突破する実力は身につきません。自分の苦手分野や解けない問題を把握して、入試に必要な勉強を計画通りに着実に進めていくことが、志望校合格への最短経路です。

個別の入試対策で志望校へ導きます。

公立高校・私立高校の入試傾向を分析し、お子さまの志望校に合わせて入試カリキュラムを作成して合格に向けて一直線に学習をサポートします。入試では5教科をまんべんなく勉強することが重要です。お子さまの苦手教科でも入試で点を取るためにピンポイントで指導していきます。

avatar
清水先生専属講師