avatar
矢野
こんにちは、矢野です。
皆さんは「国際バカロレア」をご存じですか?

アメリカやイギリスでは一般的に知られている資格ですが、日本ではあまり耳なじみがありませんよね。ですが、近年では日本でも注目されるようになってきました。本記事では、小中学生のお子さんのいる親御さん向けに「国際バカロレア」について詳しく解説していきます。

国際バカロレアの概要

国際バカロレアとは?

国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)は、1968年にスイス・ジュネーブで設立された非営利組織・国際バカロレア機構(IBO) が認定する教育プログラムのことを言います。この教育プログラムは、国際バカロレアが独自に認可した小学校・中学校・高校のみが提供できるもので、日本国内には現在38校のバカロレア認定校が存在します。
国際バカロレア認定校で学ぶ生徒たちは、独自のカリキュラムに沿った授業を受け、国際バカロレアが課す試験に合格するとディプロマ(認定証書)が与えられます。このディプロマが、世界的には非常に価値がある資格になっており、最近では日本でも注目を集めています。なぜなら、ディプロマは世界75か国約2500以上の大学の入試において、自分の能力を証明する資格として広く活用されているからです。特に、国際バカロレアの課すディプロマ試験に合格し、満点に近いハイスコアを獲得すると、TOEFL®テストやSAT®などのスコアテストと同様に、難関大合格に大変有利だと言われています。そのため、海外の学生にとっては非常にポピュラーな資格になっているのです。

※バカロレアの語源は「月桂樹の実」を意味するラテン語のbaccalauriです。

国際バカロレアの求める人物像

国際バカロレアでは、求める人物像として次の10項目を掲げています。

  1. 探求する人
  2. 知識のある人
  3. 考える人
  4. コミュニケーションんができる人
  5. 信念をもつ人
  6. 心を開く人
  7. 思いやりのある人
  8. 挑戦する人
  9. バランスのとれた人
  10. 振り返りができる人

(参照)IBの学習者像『International Baccalaureate Organizatiin』

【求める学習者像】
私たちは、好奇心を育み、探究し研究するスキルを身につけま す。ひとりで学んだり、他の人々と共に学んだりします。熱意 をもって学び、学ぶ喜びを生涯を通じてもち続けます。「1.探求する人」
私たちは、概念的な理解を深めて活用し、幅広い分野の知識を 探究します。地域社会やグローバル社会における重要な課題や 考えに取り組みます。「2.知識のある人」
私たちは、複雑な問題を分析し、責任ある行動をとるために、 批判的かつ創造的に考えるスキルを活用します。率先して理性 的で倫理的な判断を下します。「3.考える人」
私たちは、複数の言語やさまざまな方法を用いて、自信をもっ て創造的に自分自身を表現します。他の人々や他の集団のもの の見方に注意深く耳を傾け、効果的に協力し合います。「4.コミュニケーションができる人」
私たちは、誠実かつ正直に、公正な考えと強い正義感をもって 行動します。そして、あらゆる人々がもつ尊厳と権利を尊重し て行動します。私たちは、自分自身の行動とそれに伴う結果に 責任をもちます。「5.信念をもつ人」
私たちは、自己の文化と個人的な経験の真価を正しく受け止め ると同時に、他の人々の価値観や伝統の真価もまた正しく受け 止めます。多様な視点を求め、価値を見いだし、その経験を糧 に成長しようと努めます。「6.心を開く人」
私たちは、思いやりと共感、そして尊重の精神を示します。人 の役に立ち、他の人々の生活や私たちを取り巻く世界を良くす るために行動します。「7.思いやりのある人」
私たちは、不確実な事態に対し、熟慮と決断力をもって向き合 います。ひとりで、または協力して新しい考えや方法を探究し ます。挑戦と変化に機知に富んだ方法で快活に取り組みます。「8.挑戦する人」
私たちは、自分自身や他の人々の幸福にとって、私たちの生を 構成する知性、身体、心のバランスをとることが大切だと理解 しています。また、私たちが他の人々や、私たちが住むこの世 界と相互に依存していることを認識しています。「9.バランスのとれた人」
私たちは、世界について、そして自分の考えや経験について、 深く考察します。自分自身の学びと成長を促すため、自分の長 所と短所を理解するよう努めます。「10.振り返りができる人」

国際バカロレアの教育プログラム

国際バカロレアが提供するプログラムは、年齢ごとに3つのプログラムで構成されています。

プライマリー・イヤーズ・プログラム

(1)対象は、3歳~12歳(小学校)

プライマリー・イヤーズ・プログラム(略称PYP=Primary Years Programme)は、3歳~12歳までを対象としています。日本の教育課程に置き換えると幼稚園~小学校レベルの内容であり、知的学習のみならず、体の発育・発達を目的としたプログラムも組まれています。

(2)6つの学習分野

PYPのカリキュラムは、国際教育の文脈において不可欠とされる人間の共通性に基づいた6つの教科横断的なテーマが中心となっています。

【PYP】6つの学習分野

  • 言語
  • 社会
  • 算数
  • 芸術
  • 理科
  • 体育(身体・人格・社会性の発達)

ミドル・イヤーズ・プログラム

(1)対象は、11歳~16歳(中学校~高校)

ミドル・イヤーズ・プログラム(略称MYP=Middle Years Programme)は、11歳~16歳を対象とした5年間のプログラムで、IB教育の最終段階DP(Diploma Programme)のための基礎学習として位置付けられています。

(2)8つの学習分野

MYPのカリキュラムは8つの学習分野で編成されています。また、教科間を超えたつながりを示す5分野のAOI(Area Of Interaction:学習の姿勢、人芸性の創造性、共同体と奉仕、多様な環境、健康と社会環境)を重要視している点と勉強した内容と実生活とのつながりを発見しながら学習していくスタイルが特徴的です。

MYP最終学年(10年生)ではPersonal Projectと呼ばれる自由研究のような課題があります。生徒は自分でテーマを決め、一年間かけてエッセイと成果物の制作を行います。DPでのExtended Essayの準備段階として捉えている方も多くいます。

【MYP】8つの学習分野

  • 言語A
  • 言語B
  • 人文科学
  • 理科
  • 数学
  • 芸術
  • 体育
  • テクノロジー

ディプロマ・プログラム

(1)対象は、16歳~19歳(高校)

ディプロマ・プログラム(略称DP=Diploma Programme)は、16歳~19歳を対象としており、所定のカリキュラムを2年間履修し、最終試験を経て所定の成績を収めると、国際的に認められる大学入学資格(国際バカロレア資格)が取得可能なプログラムです。

(2)6つの学習分野

ディプロマを取得するには、自分が選択した6つの教科をIBのカリキュラムで2年間勉強し、論文を提出したり、試験で合格したりする他に、課外活動をしなければなりません。

【DP】6つの学習分野

  • 母語で学ぶ文学
  • 第二言語
  • 人文社会系
  • 自然科学系
  • 数学
  • 芸術

日本での取り組み

日本の取り組み

日本では、「日本再興戦略-JAPAN is BACK」(平成25年6月閣議決定)に基づき、国内における国際バカロレア認定校等を2018年までに200校に大幅に増加させることを目標に、以下の取り組みがなされています。

  • 国際バカロレア資格を有する者で18歳に達した者を、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認める
  • ディプロマプログラムの科目の一部を日本語でも実施可能とする「日本語DP」の開発・導入を推進
  • 国際バカロレア・デュアルランゲージ・ディプロマ連絡協議を設立
  • 大学入試におけるIBの活用促進(活用大学一覧
  • 2018年までに国際バカロレア認定校200校以上を目標

(参照)日本におけるIB教育『文部科学省IB教育推進コンソーシアム』

日本のIB認定校

日本の国際バカロレア認定校は、令和2年6月30日時点で83校です。(うち PYP実施校:43校 MYP実施校:19校 DP実施校:51校)候補とされている学校を合わせると159校となります。

日本における認定校は、下表のとおりです。また、学校教育法第1条に規定されている学校は、市立札幌開成中等教育学校、仙台育英学園高等学校、秀光中等教育学校、茗渓学園高等学校、開智望小学校、ぐんま国際アカデミー、昌平中学校・高等学校、筑波大学附属坂戸高等学校、開智日本橋学園中学・高等学校、玉川学園中学部・高等部、東京学芸大学附属国際中等教育学校、東京都立国際高等学校、武蔵野大学附属千代田高等学院、町田こばと幼稚園、神奈川県立横浜国際高等学校、法政大学国際高等学校、聖ヨゼフ学園小学校、三浦学苑高等学校、山梨学院幼稚園、山梨学院小学校、山梨学院高等学校、山梨県立甲府西高等学校、インターナショナルスクール・オブ・アジア軽井沢、松本国際高等学校、サニーサイドインターナショナルスクール、加藤学園暁秀中学校・高等学校、エンゼル幼稚園、静岡サレジオ幼稚園、静岡サレジオ小学校、名古屋国際中学校・高等学校、東海学園高校、滋賀県立虎姫高等学校、同志社国際学院初等部、立命館宇治中学校・高等学校、大阪女学院高等学校、大阪教育大学附属池田中学校、大阪市立水都国際中学校・高等学校、AIE国際高等学校、岡山理科大学附属高等学校、英数学館小・中・高等学校、AICJ高等学校、リンデンホールスクール中高学部、福岡第一高等学校、沖縄尚学高等学校の44校です。

PYPMYPDP
認定校43校19校51校
候補校17校16校13校

(参照)認定校・候補校『文部科学省IB教育推進コンソーシアム』