ぼくはマクドナルドが好きです。

有名な「M」のロゴ、なぜ赤と黄か知っていますか。

赤と黄は「信号の止まれ」の色。だから本能的に人の目にとまりやすいみたい。

へ~~。ちなみに僕はチキンクリスプが一番すき。

さて4回目も「勉強する意味」について。今回は「漢字の由来」・第2弾。

■ 勉強 = 商人?

広辞苑「勉強」とは「3.商品をやすく売ること」(ex:お値段は勉強しときます)

なるほど、お客さんに値切られた時に「いい勉強させてもらいましたわ」という時に使われたのが由来みたいです。これ、江戸時代から使われているようです。ここからはヤノの考えだけど、商人が「いい勉強させてもろたわ」と言うウラには「今回は値段交渉に失敗したが次回は儲けるぞ、次のお客さんには高く売るぞ」という「反省」が込められている気がする。

では、中学生の皆さんは、なぜ勉強するのか。

それは、大須商店街で値切る為です。冗談です笑

勉強とは「反省して次に活かす」ことを学ぶ事。

失敗を成長にかえていく力を身につけることこそ勉強だと思います。

  • 主語が「He」なのに動詞に「S」をつけ忘れた
  • 分数で「約分」するのを忘れてしまった
  • 主語が「三人称単数現在形」の時は「S」をつける!
  • 分子と分母に「同じ数」がある時は割るのだ!

間違えた理由を考え、次に活かす。そして同じ失敗を繰り返さない。これが勉強する意味だと思います。

ブーン。あ、やばい。3回目なのに、また道まちがえた。

GIPS【家庭教師×オンライン】

  • 無料体験授業実施中(授業料+入会費が今だけ0円、先着30名)
  • 勉強についてお困りなことがあればお気軽にご相談ください。
  • 定期テスト / 入試対応 / 結果にこだわる
  • 5教科対応 / 愛知・岐阜・三重
  • 中学生専門の家庭教師

☎:080-1614-6323(年中無休9:00~22:00)

定期テスト、入試に役立つ情報盛り沢山!LINE限定のお得な情報も発信中!

友だち追加
↑クリック↑