苦手科目って、とにかくもう問題文読むのも嫌になるくらい「何言ってるのかよくわからない」状態になりがちですよね。

しかしながら、とあることを意識することだけで、苦手意識がパッと消えます。

全体像を意識する


何か新しいことをはじめる時、全体像から出発します。

例えば「目次」があったり、「初めに」という章があったりしますね。

それから細部をひとつずつ習っていくわけですが、いつも全体像に立ち返って、今していることが何のことなのかを確認すれば、情報を覚えやすくなります。

私たちの脳には、学習内容の細部よりも、全体的な骨子に注意を向けやすいという傾向があります。「全体像に立ち返る」という方法は、脳本来の傾向に沿ったものなのです。

脳が新しい情報を取り入れる際には、その情報と関連するデータがすでに脳内にあるほうが、情報を記憶しやすくなります。

まず全体像を把握する方法が効果的なのは、そのためです。全体像を頭に入れておけば、細部の情報を取り入れた時に、関連づけて覚えやすくなるというわけです。

クローゼットの例

棚がいっぱいあるクローゼットだと想像してみてください。服が増えて棚がいっぱいになってきたら、種類に分けて整理するようになりますね。

たとえば、黒のセーター(新しい情報)を新しく追加するなら、セーターの棚に置いても良いし、黒い服の棚、冬服の棚、ウールの棚のどこにしまっても構いません。

現実のクローゼットでは、1枚のセーターを複数の棚にしまうことはできませんが、脳のなかでは、新しい情報が入ってくると、もともとあったアイデアの1つひとつと結びつけられます。

そうして覚えた情報は、後々思い出しやすくなります。というのも、新しい情報を覚える時に、すでに知っていた他のいろいろな情報と関連づけて記憶したからです。

学校の勉強に置き換えると

勉強が苦手な生徒を見ていると問題集を解くとき、その章のタイトルを一切みずに問題をいきなり解き始めてしまいます。

自分が今どの部分を勉強しているのか把握できていない状態です。

問題を解く前に1度立ち止まって、僕が今から解く問題は何の問題なんだろうとタイトルを見るようにしてください。

自分が今していることを広く見ることで、パッと視界が開けるはずです。