私は「朝勉」を強くオススメしています。

朝型人間、夜型人間と人によって集中できる時間帯は違うわけですが、それでもなお朝勉をオススメ理由とその取り組み方について紹介していきます。

朝勉をすべき理由

朝は、1日の中で最も頭が冴え、集中力や思考力、やる気の高いゴールデンタイムと言われています。記憶は眠っている間に脳に定着するため、朝の脳は新しい情報が入りやすいクリアな状態なのです。

また、朝はドーパミン(やる気の源となる物質)やアドレナリン(興奮させる物質)が大量に分泌されているため、やる気にも満ち、科学的に見ても勉強に最適な時間です。夜通し行う勉強だとついだらだらと効率の悪い進め方をしてしまいがちですが、朝だとタイムリミットを感じられるため、気持ち的にもより集中して取り組み易いです。

朝勉の取り組み方

【いつもより30分早く起きる】

いつもより30分だけでもいいので早く起きて、時間を作りましょう。

【取り組むものは前日に決めておく】

取り組むべきことを前日に決めておき、机の上に置いておきましょう。「何をするのか迷う」ことをなくすだけで、集中力がぐんっと上がります。

【取り組むものは音読がオススメ】

圧倒的にオススメの朝勉メニューは、音読です。音読によって、脳の中のたくさんの場所が使われます。「朝」にこれを行うことで、様々な機能のウォーミングアップになるわけです。

また、英文音読をする際は余計なことを考えずに集中した状態で文章を読む必要があります。脳がクリアな朝の時間帯は集中できるベストな時間なのです。

以上が朝勉の極意でした。